「うp」とは、画像や動画などのファイルをサーバーにアップロードすることで、「アップロード」(upload)の略である「アップ」(up)を日本語入力したものです。
読み方は「うぷ」または「あっぷ」「あぷ」、うpした人の事は「うp主」(うぷぬし)と表現されます。

アップロードは自分のパソコンからサーバーに保存する事を意味していて、サーバーはインターネット上にあるハードディスクとお考え下さい。

ネット用語としてかなり古くから使われている用語で、遅くとも2004年頃にはすでにネット掲示板で書き込みが行われています。

「うp」ではなく「あp」と表記する場合もありますが、主にツイッターやSNSなどで見られるのみで、2ちゃんねるなどのコアなネットユーザーがいる場所ではあまり見かけません。

使い方や表現は以下の通りです。

  • 再うp希望
  • うp主に感謝
  • 今から写真うpするよ
  • うpしました!
  • 給料が3千円うpした

基本的には上で説明したように「アップロード」のスラングとして使われる事がほとんどですが、「高感度うp」のように「上がる」という意味の「アップ」の略としても使われる事があります。

うpの反対語としては、ファイルをサーバーから自分のパソコンに保存する「ダウンロード」(Download)を略した用語「ダウソ」が該当します。
「ダウン」ではなく「ダウソ」と、ンをソに置き換えた言葉遊びになっています。
ダウソもうpと同じ時期から使われている古い言葉です。

なお、サーバーを自ら準備するにはそれなりの知識が必要なるため、一般的にはレンタルサーバー等をかりファイルをアップロードする環境を整えたサーバーを「アップローダー」、そしてこれを略して「うぷろだ」といいます。

Pocket