「天サロ」は「天然サロン」の略で、屋外で太陽の光を浴びて肌を黒く焼く事(タンニング)を意味する用語です。

屋内で日焼けマシーンを使って焼く「日焼けサロン」、略して「日サロ」に対して出来た言葉で、いつ頃から使われているかははっきりしませんが、個人的な記憶では遅くとも2010年からは使われています。
知る限りだとネットで発祥したわけではないため、ネットでも使われますがリアルの世界で耳にします。

使い方や表現は以下の通りです。

  • 今から天サロで焼くよー
  • ベランダで天サロかな
  • 天サロしてくる
  • 今度みんなで天サロ行ってくる
  • 天サロでだいぶ黒くなった

天サロで焼く場合も日サロと同じく、アクセサリーやサングラスなどの小物を身体から外したうえで日焼け用のオイルかSPFの低い日焼け止めを肌に塗り、日焼け後の肌も日サロと同じくシャワーで清潔にしアフターサンオイルを塗るなどケアをおこないます。

Pocket

   

コメントを残す

コメントのみで投稿出来ます(承認後に公開されます)。
「名前」「メールアドレス」「サイト」の入力は任意で、メアドは入力しても公開されません。
情報提供のみの方はコメントに「非公開希望」とお書きいただくかお問い合わせページからご連絡いただけるとありがたいです。