フードジャーナリストとして活動している「はんつ遠藤」さんのブログの記事が典型的な「おじさん構文」で話題になっており、実際読んでみると噂通り非常に長く分かりづらかったため、こちらに翻訳した文章を掲載しました、

今回の騒動を簡単にまとめると、アイドルグループAKB48「バイトAKB」の元メンバーで、現在「麺匠八雲」「麺匠八雲」「沙羅善」の計3店舗(2021年9月現在)のラーメン店を経営する梅澤愛優香さんが、ツイッターでラーメン評論家の「出禁」を表明し、ヤフーニュースやテレビにも取り上げられ、ネットやツイッターでも大きな反響を呼びました。

理由としては、これまでそういった人たちに会ってきて「8割が私へマウンティング」「言葉のセクハラが酷い人」「避けたら裏で中傷される」として、マイナスしかなかった事を挙げています。

梅澤さんがこの件をツイートしたのが2021年9月24日、そして騒動が大きくなっていた最中の28日、原因となっているのは自分だと名乗り出たのがはんつ遠藤さんでしたが、釈明のブログの文章が反省というよりヘイポーの謝罪文を彷彿とさせるような、開き直っているという批判と共に「おじさん構文」と呼ばれる独特の表現が話題になっています。

以下ではその釈明の記事を、できるだけ本人に近い表現を残しつつ翻訳しましたので、まずは翻訳前の文章をご確認ください。
こちら「梅澤愛優香さんに対する、はんつ遠藤の意見」です。

なおこの記事の目的は誰かの擁護や批判ではなく、あくまでおじさん構文の翻訳であり、その他の意図はありません。

翻訳文章

梅澤愛優香さんが自身の経営するお店でラーメン評論家を出禁にした件、原因となったのは僕です。

黙っていようとも思いましたが、友人に『ここで何か言わないと他のラーメン評論家に迷惑がかかる』と助言があったことと、テレビ関係者やライターさんからこの件の質問をされることが多くなったため、ここを参照にしてもらえたらと思い書くことにしました。

今回問題となっている2点「断られたにもかかわらず写真を撮った件」「『バイトAKB、葛飾のラーメン店、業者と揉めてヤバい』という書き込みをした件」をそれぞれ説明します。

断られたにもかかわらず写真を撮った件について
状況説明からすると、Facebookにラーメン業界の関係者から『梅澤さんが会いたいって言ってるから、来てください!』というメッセージが来たため、後日梅澤さんの経営する店に向かいました。

1階で料理を作っている梅澤さんと関係者に挨拶を済ませ2階へ、そこで料理がくるまでの間にお酒を飲むわけですが、僕は酒癖が悪く飲み始めて30分くらいで人に迷惑を掛ける状態となってしまいます。
梅澤さんが料理を終え2階へ来た頃にはすでに泥酔しており、写真を撮っていいか聞くと断られましたが、顔から下の体だけでもと再度お願いしましたが受け入れられす勝手に撮りました。

会いたいと言うから来たので写真を撮っていいと思ったし、梅澤さんを撮らないと鍋料理の宣伝も出来ない、普通は店主の写真って撮りませんか?

しかし梅澤さんへの対応はまだいい方で、他の女性にはもっと酷い事をしたこともあります。
これをきっかけに#MeToo(補足:SNSなどでセクハラ被害を告白する事)で僕の過去の出来事が発掘されてしまうかもしれません。

『バイトAKB、葛飾のラーメン店、業者と揉めてヤバい』という書き込みをした件について
「麺匠 八雲」さんの内装を手掛けた業者さんが、工事代金を支払ってくれないと困っており知り合いのラーメン屋に相談、そのラーメン屋が僕に相談してきたため、僕が上記の内容をFacebookに投稿しました。

梅澤さんはすでに支払い済であると主張していますが、僕は友人を信じたいので自分が正しいと思っています。

今回の件で僕はそのつもりではなかったものの、意図せずともフードジャーナリストさん達にはご迷惑をおかけし申し訳ございません。

Pocket

   

コメントを残す

コメントのみで投稿出来ます(承認後に公開されます)。
「名前」「メールアドレス」「サイト」の入力は任意で、メアドは入力しても公開されません。
情報提供のみの方はコメントに「非公開希望」とお書きいただくかお問い合わせページからご連絡いただけるとありがたいです。
いつも多数の情報、ありがとうございます。