「がこおち」は「学校だから落ちる」の略で、「学校あるから抜けるね」「学校行くから中断するね」といった意味合いで使われる用語です。
「がこ落ち」という表記も見かけますが、「がこおち」の方が多いです。

ネット用語で「落ちる」は、今やっている行動・作業をやめるとか中断するという意味があります。

様々なシーンで使われますが、例えばTwitterで「がこおち」とつぶやいたのであれば『学校だからTwitterから落ちるね』となり、以降はしばらくツイートが出来ないという内容になります。

  • がこおち
  • それじゃがこおち
  • がこおち 行きたくない
  • がこおち!また今度
  • もうすぐがこおち
  • がこおちしまーす
  • ちょっと早いけどがこおち

学校へ行くという話なので、当然使っている人は10代を中心とした高校生や大学生であり、社会人の間ではあまり使われません。
発祥ははっきりしませんが、2021年頃に学生同士の会話やLINENのやりとりなどで見られましたが、ネットではあまり見られない状態で2022年に入った頃に時々ツイッターなどのSNSで見かける程度になりました。

2022年3月時点だと流行に敏感な学生の間では時々使われる程度には定着しているため、今後もネットでは見かける機会が少ないかもしれませんが、リアルな世界では使われ続ける可能性があります。

Pocket

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。