「がこおわ」は「学校終わった」の略で、LINEで友達に連絡したりTwitterで知らせたりする場合に使う用語です。
言い方を変えた同じ意味の「がこおわの民」「がこおわ侍」や、学校が終わった時の喜びを面白く言葉にした「がこおわの舞」という表現もよく見かけます。

同じ意味で「がおわ」とも言いますが、どちらかというと「がこおわ」の方がよく使われています。

発祥ははっきりとはわかりませんが、小中学生、大学生など学生の若者言葉として2017年頃からLINEなどで連絡を取り合う際に使われ始め、2018年頃からはネットでも見られるようになりました。
2021年現在でも頻繁ではないものの目にする機会は時々あり、10代にはある程度知られた言葉になっています。

語源は名前の通り「 った」から。

言い回しや表現は以下の通り。

  • がこおわ!
  • がこおわ~ 今日はテストだった
  • がこおわ 学校帰りにコンビニ寄る事多くなってる
  • がこおわからのファミレス
  • がこおわだけど外暑いなあ

同時期に広まった用語として、アルバイトが終わった時の「バおわ」、仕事の「しごおわ」、(ネタの意味で)人生終わったの「じんおわ」があります。

Pocket

   

コメントを残す

コメントのみで投稿出来ます(承認後に公開されます)。
「名前」「メールアドレス」「サイト」の入力は任意で、メアドは入力しても公開されません。
情報提供のみの方はコメントに「非公開希望」とお書きいただくかお問い合わせページからご連絡いただけるとありがたいです。
いつも多数の情報、ありがとうございます。