「がおわ」は「学校終わった」の略として使われる用語です。

中・高・大学生を中心に、LINEで友だちに伝えたりツイッターでフォロワーに報告する時に使われ、言い方を変えた「がおわの民」や、学校を終えた嬉しさからの「がおわの舞」という表現も使われます。

同じ意味で「がこおわ」という言い方もあり、どちらかというと「がおわ」よりもそちらの方がよく見かけます。

以下のような言い回しがあります。

  • がおわ!
  • がおわ 家ついた
  • がおわ 明日は休みだああ
  • がおわ 今日は午前のみ
  • がおわの開放感すごい

使われ始めた時期については明確には不明ですが、2017年頃から若者を中心にLINEなどでの連絡で見かけるようになり、2018年頃からはツイッターなどネット上でも使われだしています。
2021年現在でも(「がこおわ」の方が頻度は高いですが)、ツイッターで時々見かけるなど10代にはある程度知られた言葉と言えます。

同時期に使われだした用語として、アルバイトが終わった時の「バおわ」、バイト先の意味の「バ先」、仕事の「しごおわ」、(ネタの意味で)人生の「じんおわ」があります。

Pocket

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。